1 の つく 日 スロット 東京k8 カジノDXを前にIT人材不足が深刻化 IT部門に救世主はいるのか仮想通貨カジノパチンコroulette live

1 の つく 日 スロット 東京k8 カジノDXを前にIT人材不足が深刻化 IT部門に救世主はいるのか仮想通貨カジノパチンコroulette live

1 の つく 日 スロット 東京k8 カジノDXを前にIT人材不足が深刻化 IT部門に救世主はいるのか仮想通貨カジノパチンコroulette live

スロット アプリ 景品k8 カジノ

パチスロ 3号機 アプリ ここ数年、注目を集めている「デジタルトランスフォーメーション(DX)」。いよいよ本腰を入れて取り組む企業も増えているが、その“要”となるIT部門はというと、人材不足で四苦八苦しており、「DXまで手が回らない」というケースも少なくない。

 特に深刻なのは、DX実現のキーになると思われるクラウドの活用に関して、自社は当然のこと、パートナーであるSIer(システムインテグレーター)においても知見がないことだ。これでは、DXに舵を切ろうとしても、SIerに頼ることができない。人手不足、知見不足の中、企業のIT部門にとっては、DX時代、クラウド時代の自身の働き方や仕事が不透明になりつつある。これらの課題の解決先はどこにあるのか。

 2020年2月14日に開催されたソフトクリエイトのイベント「SC Relationship 2020」では、企業のIT部門における人材不足を主要なテーマの一つとして挙げ、その解決策が語られた。

誰もがデータ活用のスキルを求められる時代にALTソフトクリエイト 白岩健一 氏

 イベントでは、ソフトクリエイトの執行役員 事業戦略本部 副本部長である白岩健一氏がファシリテーターを務め、日本マイクロソフトの業務執行役員 本部長 浅野智氏、ソフトクリエイト 執行役員 技術本部 本部長 小嶌尚臣氏によるパネルディスカッションが行われた。

 ソフトクリエイトで技術部門のトップを務める小嶌氏は、自社の状況について「中途採用の募集をかけても人材が集まりにくくなっているのが現状です。今後は、さらにクラウドサービスに対応できる人材が求められますが、採用するだけでなく、既存エンジニアのスキルチェンジも進めていきたいと考えており、経営命題の一つだと感じています」と述べた。

ALT日本マイクロソフト 浅野智 氏

 オンプレミスのハードウェアがクラウドへと移行していくにつれ、エンジニアに求められるスキルも大きく変わっていく。新たな人材採用と併せて、既存人材のスキルチェンジも人材不足解消の鍵といえる。

 日本マイクロソフトは、さらに一歩踏み込んだ取り組みも進めているという。

 浅野氏は、「弊社でも、クラウドを扱える人材やデータサイエンティストは特に不足しています。これからは誰もがITを活用する時代にもなりますから、業務にかかわらず、人事や経理の担当者も含め、社員全員が『Microsoft Azure』の資格を取得するように取り組みを始めています」と説明した。

 つまり、日本マイクロソフトでは、社員全員が「小さなエンジニアになる」ということだ。一般企業にとっては、日本マイクロソフトほどのドラスチックな変革は難しいかもしれないが、事業部門のメンバーもITやデータ活用の知識、スキルを身に付けることが、DX推進の後押しとなるのは間違いないだろう。

“ランザビジネス”から“バリューアップ”への転換をALTソフトクリエイト 代表取締役社長 林宗治 氏

 DXでは社内システムに眠るデータをいかに活用するかということも鍵となり、やはりIT部門の活躍が期待されるケースが多い。しかし、ソフトクリエイトの代表取締役社長 林宗治氏は「日本国内でDXを成功させるには、ユーザー企業のIT部門だけでは難しいのではないか」と指摘する。

 そもそも、日本国内ではエンジニアの75%がSIerに所属しており、エンドユーザー企業のエンジニアはわずか25%と数が少ない。

 さらに林氏は、「経済産業省のDXレポートでは、IT部門の業務を大きく『バリューアップのビジネス』と『ランザビジネス』に分けています。ランザビジネスは既存業務を継続するために必要な運用、保守などが該当し、重要ではありますが、DXを成し遂げるには企業価値を向上させるバリューアップのビジネスにも取り掛からなければなりません。現状は、ユーザー企業のITリソースのうち、8割がランザビジネスに費やされています。5年以内にバリューアップのビジネスの割合を少なくとも5割にまで持っていかなければ、未来はないでしょう」と続けた。

 ソフトクリエイトが実施したアンケート調査でも、エンドユーザー企業のIT部門はヘルプデスク業務やPC管理、システム監視などのノンコア業務に多くの時間を取られていると回答した企業が約7割だったという。ノンコア業務はまさにランザビジネス業務といえるものだ。

 「ランザビジネスの業務はパートナーやSIerの力を借り、バリューアップのビジネスに注力するのがこれからのIT部門のあるべき姿でしょう」(林氏)

頼るなら、クラウド活用の知見が豊富なSIerにALTソフトクリエイト 小嶌尚臣 氏

 クラウド移行が加速する現在、SIerでも着々とそのノウハウやスキルを蓄積する企業が増えている。ソフトクリエイトではクラウドソリューションを展開するに当たって、自社のシステム基盤をクラウドに移行したという。

 「2010年ごろに、最初のシステムをクラウドへ移行しました。2014年からMicrosoft Azure環境への本格移行を開始し、現在、オンプレミスにはDHCPやPBXなどがわずかに残るのみとなっています」(小嶌氏)

 ソフトクリエイトは、自社の業務システムをクラウドに移行した知見をベースに、Microsoft Azureの構築/運用サポートなどをワンストップで行うサービスを展開。多くの企業のクラウド移行を手掛けることで、さらに多くのノウハウを蓄積している。

 「現在は、Microsoft Azure関連のMCP(Microsoft Certified Professional:マイクロソフト認定プロフェッショナル)を1人でも多く取得できるように取り組んでいるさなかです。今後もエンジニアのクラウドへのスキルチェンジを拡大し、お客さまをサポートする体制を確立していきたいと考えています」(小嶌氏)

 ソフトクリエイトがさまざまなクラウドサービスからMicrosoft Azureを選んだことにも理由がある。Microsoft Azureには「Productive(拡張性、生産性の高さ)」「Hybrid(オンプレミスとの親和性)」「Trusted(信頼性、セキュリティ)」「Intelligent(最新のAIサービスを提供)」「Open(オープンな技術との連携)」の5つの強みがあり、最もビジネス的に活用しやすいクラウド基盤だと考えたからだ。

 浅野氏は、「クラウドに移行することがゴールではなく、クラウドに蓄積したデータをいかに活用するかが重要です。スケーラビリティやセキュリティはもちろんですが、“オンプレミスと行き来できるクラウド”という点において、Microsoft Azureの価値は大きいと考えています」と語る。

 常に新しいサービスをリリースし、進化を続けるMicrosoft Azureについて全てを詳細に理解することは、エンジニアにとってもハードルが高い。

 「日本マイクロソフトとしてもAIなどの実事例を紹介していくことで、活用方法の“気付き”を提供できるのではと考えています。ソフトクリエイトはさまざまな企業への導入実績が豊富にありますから、どういったシーンでどう活用できるのかといった引き出しが多いのではないかと期待しています」(浅野氏)

DX推進に向けたIT部門のあるべき姿とは

 DXとセットで語られることの多いクラウドだが、両者はもちろんイコールではない。そもそもクラウドに移行する最大のメリットは、「資産、保守体制を社内に持つ必要がない」ことだ。クラウドへの移行によりIT部門の負担を軽減し、空いた時間をどう使うかがDX実現の鍵となる。

 「クラウド移行などにより、保守にかかるコストと労力を削減しながら、いかに“ランザビジネス”から“バリューアップ”にシフトするかが課題です」(浅野氏)

 そうした流れの中では、SIerなどによるITアウトソーシングサービスをうまく利用することも有効だ。長らくITアウトソーシングサービスを提供してきたソフトクリエイトでは、自社システムをクラウド移行したノウハウなどをベースに、クラウドサービスの運用サポートも展開。既存資産からクラウドまで柔軟に対応し、日々の運用の基本となる“ランザビジネス”に当たる業務を的確にサポート、IT部門の負担軽減にも大きく貢献する。

 林氏は「面倒な運用管理をソフトクリエイトにお任せいただくことで、IT部門はバリューアップやDXに注力できる体制を実現できます」と語る。

 DXと一言でいっても、IT部門だけで進むものではなく、事業部との連携が必要だ。しかし、「日本では事業部側とIT部門の溝が深く、それをいかに乗り越えるかも問題です。どうやってITで稼ぐ会社になるかを考えるためにも、多面的なアプローチで互いに歩み寄ることが求められます」(浅野氏)。当然だが、この取り組みは片手間でできるものではない。IT部門がしっかりとDXに向き合える体制が不可欠だ。

 ソフトクリエイトではITアウトソースサービスを中心に、さまざまな取り組みの推進をサポートしている。その中核として、2020年3月までは「\ZEROキャンペーン」を実施し、RPA(Robotic Process Automation)や仮想デスクトップなどのPoC(Proof of Concept:概念実証)にかかる初期費用を0円で提供中だ。

 「DXではさまざまな施策について試して検証し、継続するかどうかの判断を高速で回すことが重要です。こういった取り組みをサポートするためにキャンペーンを展開しています」(林氏)

 このキャンペーンは、DXの実現に向けて一歩を踏み出すために有効な一手となるのではないだろうか。

ALT仮想通貨カジノパチンコu12 日本 代表 メンバー サッカー 2020

ノース 砺波k8 カジノIPAが「情報セキュリティ10大脅威 2020」を発表仮想通貨カジノパチンコ雀 魂 1 人

ノース 砺波k8 カジノIPAが「情報セキュリティ10大脅威 2020」を発表仮想通貨カジノパチンコ雀 魂 1 人

ノース 砺波k8 カジノIPAが「情報セキュリティ10大脅威 2020」を発表仮想通貨カジノパチンコ雀 魂 1 人

仮想 通貨 新規 銘柄k8 カジノ

パチンコ pv 最新 独立行政法人 情報処理推進機構(IPA)は2020年1月29日、「情報セキュリティ10大脅威 2020」を発表した。組織と個人を対象とする、それぞれ10種類の脅威を選んだ。

画像情報セキュリティ10大脅威2020(出典:IPA ※編集部にて一部加工)「組織」の1位は「標的型攻撃による機密情報の窃取」

 組織の1位は2019年と同じく、「標的型攻撃による機密情報の窃取」。2位には、2019年の5位から上昇した「内部不正による情報漏えい」が選ばれた。

 内部不正による情報漏えいに関しては、情報機器リユース業者の社員が廃棄予定のHDDを不正に持ち出し、ネットオークションで転売した事案が記憶に新しい。そのHDDに多くの個人情報が残っていたことが発覚して、大きな社会問題になった。IPAは「内部不正を予防するには、経営者が積極的に関与して重要情報の管理と保護を徹底し、従業員に情報教育を実施してモラルを向上させることが必要だ」としている。

 組織のランキングの中でも6位に入った「予期せぬIT基盤の障害に伴う業務停止」が目を引く。2013年を最後に圏外だった脅威が復活ランクインしたためだ。2019年は複数の大規模自然災害や、大手クラウドベンダーの人為的ミスによって、長時間のサービス停止が発生した。IPAは「こうした大規模システム障害が事業に与えた影響の大きさから、BCP(事業継続計画)を見直すきっかけを与えた」としている。

 なお、3位は、2019年の2位に入った「ビジネスメール詐欺による金銭被害」。4位は、同4位の「サプライチェーンの弱点を悪用した攻撃」。5位は、同3位の「ランサムウェアによる被害」だった。

「個人」の1位は「スマホ決済の不正利用」#CmsMembersControl .CmsMembersControlIn {width:100%;background:url(https://image.itmedia.co.jp/images/spacer.gif) #DDD;opacity:0.05;filter:progid:DXImageTransform.Microsoft.Alpha(Enabled=1,Style=0,Opacity=5);z-index:1;}続きを閲覧するには、ブラウザの JavaScript の設定を有効にする必要があります。仮想通貨カジノパチンコスーパー ラグビー j スポーツ

宝くじ 秋k8 カジノ“連続ドラマ”感覚で英語を楽しめる――スマホで学べる「英語サプリ」の秘密仮想通貨カジノパチンココード ギアス 通常 cc

宝くじ 秋k8 カジノ“連続ドラマ”感覚で英語を楽しめる――スマホで学べる「英語サプリ」の秘密仮想通貨カジノパチンココード ギアス 通常 cc

宝くじ 秋k8 カジノ“連続ドラマ”感覚で英語を楽しめる――スマホで学べる「英語サプリ」の秘密仮想通貨カジノパチンココード ギアス 通常 cc

spin my bonus freek8 カジノ

パチスロの動作確認 グローバル化される社会において、英語力の必要性はますます高まってきている。しかし、中学、高校、人によっては大学まで英語を学んできても、会話ができない、ネイティブスピーカーが何を話しているのか聞き取れないという人は多い。ちまたに英会話スクールが乱立し、スマホ向けの英語学習アプリも数多く配信されている中、リクルートマーケティンクパートナーズがひと味違った英語学習アプリ「英語サプリ」(iOS版)を、2015年10月末から配信している。

photo「英語サプリ」

 今回は、リクルートマーケティングパートナーズ 「英語サプリ」プロデューサーの笹部和幸氏と、開発全般のリーダーを担当したネットビジネス本部の加藤明寛氏に、現在の英語学習における課題と、それを解消するために英語サプリで工夫した点を聞いた。

photo英語サプリを企画したリクルートマーケティングパートナーズの笹部和幸氏(左)と、開発を担当した加藤明寛氏(右)alt“入試改革”に対応できる英語学習サービスを提供

 英語サプリは、「受験サプリ」を始めとするサプリシリーズの流れをくむサービスだ。サプリシリーズは、クオリティの高い講義動画が月額980円(税別)で見放題となるオンライン学習サービスで、高校生を対象にした受験サプリのほか、小中学生向けの「勉強サプリ」、英単語に特化した「英単語サプリ」、料理レシピの動画を配信する「料理サプリ」などが提供されている。

 笹部氏に開発の背景を聞いたところ、長く英語を勉強しても、本当に使えるのは帰国子女か海外留学経験者だけという現在の状況を残念に思っていたのはもちろん、「2020年大学入試改革」も大きなポイントだったという。この入試改革でセンター試験が廃止になり、「大学入学希望者学力評価テスト」が導入される。英語のテストは「読む・聞く・話す・書く」の4技能を重視する評価に変わる。

photo企画を担当した笹部和幸氏

 「業界では、明治維新以来の英語教育改革のタイミングといわれています。なぜなら今までは現場の学校で教育を変えても、入試で評価されないという課題があったからです。今度は出口である入試が大きく変わるので注目度が高くなっています」(笹部氏)

 しかし入試改革にも大きな課題がある。現場の英語教師が4技能を生徒にトレーニングできる環境が整っているのかという問題だ。従来型の英語教育では、単語や文法、読むことを教える方法は確立されているが、話すことについては確立されているとは言いがたい。海外留学の経験がある教師も限られている。

 「教師のスキルを上げるよう文科省は指示していますが、日本の先生は諸外国と比べてとても忙しい。短期で先生のスキルが上げることは難しい側面もあるため効率化できればと考えました」(笹部氏)

 英語サプリには、こうした効率化を図る狙いもある。もともとサプリシリーズは、地域的、経済的格差がある中で、よりよい教育機会を幅広い人たちに提供する目的で開発されてきた。英語サプリも、留学生や英会話スクールに行ける人だけが4技能教育でメリットを得るのではなく、「安価で高品質なサービスで、誰でも4技能を身に付けられるプラットフォーム」として提供。

 特に、教育現場で最大の課題とされている「話す」と「聞く」能力を伸ばすサービスとして開発された。学校の授業や宿題で活用してもらうことも予定しており、学校で最近、導入が増えているAndroid端末用のアプリも3月下旬に配信予定だ。

学習教材としての完成度とゲーム的な楽しさを両立

 アプリの開発にあたっては、英語教育の第一人者である上智大学の吉田研作氏を総合監修者に招き、「CEFR(セファール)」と呼ばれる語学の能力レベルを示す国際標準規格にのっとって学習内容が決められた。CEFRには、「基本的な言葉で自分の名前や気持ちを伝えられる」「身近なことがらについて簡単なやり取りができる」など、レベルに応じて達成すべきことが定められており、これに準じる学習が組まれている。

 一方で、「学生が楽しく使い続けてくれるもの」という視点も必要だ。英語が苦手なメンバーの「学習教材的な、現実にはありえない、どうでもいい会話は耐えられない。ストーリーがないと続かない」という実体験から、レッスンに物語性を持たせることにした。

 「『逆転裁判』などのシナリオを手がけているジンテーゼさんにシナリオを作っていただきました。開発の難易度は高いのですが、英語学習教材としてちゃんとした内容で、物語としても楽しく続きが気になるものを両立させようと努力しました」(笹部氏)

 CEFRの基準を満たしながら、物語として興味を引くものにすることには大変な苦労があったという。シナリオ開発側は、当初、舞台を無人島に設定。集まった人たちが1人、また1人と消えていき、最後に謎が解明されるという海外ドラマのようなストーリーを考えた。しかし、これでは「レストランで料理の注文をするシチュエーションも入れられない」(笹部氏)。回想シーンで対応できると開発側は粘ったが、不自然すぎるということで残念ながら採用できなかった。

1本のストーリーで聞き取りと発話を学ぶ

 学習コースは現在、Lv.1からLv.6まで6コースあり、1つのストーリーが流れていく。レベルが上がるにつれ主人公が高校生から大学生、社会人へと成長。主人公をとりまく人々がいて、恋人と付き合ったり倦怠(けんたい)期に入ったりもする。コースは連続ドラマを見るように楽しめ、アプリの画面はさながら恋愛シミュレーションゲームのようだ。

photophotoリスニングの教材はストーリーがあり、飽きさせない作り(画面=左)。ノベルゲームのような画面(画面=右)

 ストーリーにはターゲットの中高生が興味を持つ、恋愛やSNS、スマホの話などを取り入れている。トレーニングが終わると習熟度のスコアが表示されるのだが、「スマホ世代のユーザーがゲームのように学習を進められるように」、点数が表示されるときの演出もゲーム的だ。なお、ストーリーは毎月追加されている。

 トレーニングは「物語の中で英語を理解できる作り」で、会話の音声を聞いて、質問に答えることで内容の理解度をチェック。話している単語を書き取るトレーニングもある。「なりきりスピーキング」という、物語の1キャラクターに自分がなりきって発話するトレーニングが最後にあり、スマホに向かって英語でセリフを話すと、音声認識機能で判定されスピーキングの評価が出る。「あ」と「え」の中間音など、発音の細かいアドバイスもフィードバックされるから驚きだ。レッスンの会話を音声で振り返り、最後にトータルスコアが表示。次回の内容予告が表示される、といった流れだ。

photophoto「内容理解クイズ」で会話の内容をチェック(画面=左)。音声を聞いて単語を書き取るトレーニング。キーボードはタップできる英字が限定されているので、トライしてみようという気持ちになる(画面=右)photo各コースに担当講師がつき、リスニングやスピーキングのポイントをビデオで解説してくれるphotophotoキャラクターになりきってセリフを発話する「なりきりスピーキング」(画面=左)。音声認識機能で正しい発音をアドバイスしてくれる(画面=右)関連キーワード英語学習 | 高校 | 大学 | リクルート | 留学 | 中学校 | 英会話 | 英単語 | 逆転裁判 | iOS「なぜ聞き取れないか」を解明する機能も仮想通貨カジノパチンコカイル ウォーカー gk

業界連盟:k8 カジノ k8 カジノ パチンコ 大工 の 源 さん k8 カジノ k8カジノ k8 カジノ k8 カジノ k8 ログイン | Feed | RSS | sitemap.html | Sitemap