絶対 衝撃 スロットk8 カジノ消えた「WinRE」問題の再発と回復パーティションの移動仮想通貨カジノパチンコネム 仮想 通貨 価格

絶対 衝撃 スロットk8 カジノ消えた「WinRE」問題の再発と回復パーティションの移動仮想通貨カジノパチンコネム 仮想 通貨 価格

絶対 衝撃 スロットk8 カジノ消えた「WinRE」問題の再発と回復パーティションの移動仮想通貨カジノパチンコネム 仮想 通貨 価格

パチロボ アプリk8 カジノ 「Windowsにまつわる都市伝説」のインデックス

パチスロ 動画 youtube ウシオ tvWindowsにまつわる都市伝説

空っぽの回復パーティションと消えたWinRE問題とは?

 本連載の第116回では、「Windows 10 バージョン1803」で発生した「Windows回復環境(WinRE)」が回復パーティションではなく「C:\Recovery\WindowsRE」にセットアップされてしまうという問題を解説しました。

Windows 10の回復パーティションから消えた「WinRE」の行方(本連載 第116回)

 2019年11月にリリースされた「Windows 10 バージョン1909(x64)」でも再発したので注意喚起としてあらためて説明します。なお、使用したインストールメディア(インストールメディアのISOイメージは不定期にリフレッシュされたものがリリースされます)によっては、「Windows 10 バージョン1809」や「Windows Server 2019」の新規インストールでも発生することを確認しています。

 WinREが回復パーティションではなく、「C:\Recovery\WindowsRE」にセットアップされてしまう問題には、2つの問題が影響しています。

 一つは、Windows 10の新規インストールでパーティションの作成をセットアップに任せてしまうと、Windows 10の推奨パーティション構成ではなく、Windows 8.1以前の古いパーティション構成でセットアップされてしまうという問題です。

 Windows 10の推奨パーティション構成では、回復パーティションはディスクの最後に配置され、回復パーティションがWinREやOEMのツールを格納するために使用されます。しかし、古いパーティション構成では、BIOSシステムの場合は第1パーティションのシステムパーティションにブート構成(BOOT\BCD)とともにWinREが格納され、UEFIシステムの場合は第1パーティションに回復パーティションが準備されます。

BIOS/MBR-based hard drive partitions[英語](Microsoft Hardware Dev Center)UEFI/GPT-based hard drive partitions[英語](Microsoft Hardware Dev Center)

 もう一つの問題は、WinREのイメージである「WinRE.wim」のサイズの肥大化です。Windows 10のセットアップが作成したBIOSシステムのシステムパーティション/UEFIシステムの回復パーティションに、WinREを格納するために必要な十分な空き領域がない場合、WinREの配置に失敗し、「C:\Recovery\WindowsRE」にWinREをセットアップしてしまうのです。WinREの現在の状態は、「reagentc /info」コマンドで確認することができます。

 上記ドキュメントによると、回復パーティションにはWinREのサイズに加えて、最小52MB~推奨250MBの空き領域と、NTFSが予約する5M~15MB(750MBより大きいパーティションではそれ以上)を加えた領域が必要と説明されています(以前は320MBと記載されていましたが、より詳細な情報に更新されました)。BIOSシステムのシステムパーティションを共用する場合、さらにブート構成(BOOT\BCD)のための領域も必要になります。

 64bit(x64)版Windows 10 バージョン1909の場合(x86は未確認)、WinRE関連のファイルサイズの合計は約464MBでした。これに対し、Windows 10のセットアップが自動作成したUEFIベースの回復パーティションは529MB、BIOSシステムのシステムパーティションは579MB(BCD関連で35MBを使用)、いずれも空き領域が微妙に足りなかったようで、「C:\Recovery\WindowsRE」にWinREがセットアップされてしまいました(画面1、画面2)。

画面1画面1 Windows 10 バージョン1909の新規インストールで自動構成されたUEFIシステムのパーティション構成と「C:\Recovery\WindowsRE」にセットアップされたWinRE。つまり、回復パーティション(partition1)は空っぽ画面2画面2 Windows 10 バージョン1909の新規インストールで自動構成されたBIOSシステムのパーティション構成と「C:\Recovery\WindowsRE」にセットアップされたWinRE

 OSとWinREは別のパーティションにあるべきで、WinREが「C:\Recovery\WindowsRE」に配置されているのは不適切な状態です。例えば、トラブルシューティング(システムのリストア)や「BitLockerドライブ暗号化」による暗号化に影響します。

 この不適切な状態は、次回の機能更新プログラムによるアップグレード時に、ディスクの最後に新たに回復パーティションが作成され(「C:\」のパーティションを縮小して)、正常化されますが、UEFIシステムの場合は未使用のパーティション(空っぽの回復パーティション)がずっと残ってしまいます。

 これを避けるには、新規インストール時に手動でパーティションを切ってセットアップするしかありません。その方法については、以下の連載記事で紹介しています。

Windows 10のOSイメージ展開の新常識(その1)――推奨パーティション構成(連載:企業ユーザーに贈るWindows 10への乗り換え案内 第34回)「C:\Recovery\WindowsRE」を新しい回復パーティションに移動(UEFIの場合)

 新規インストールせず、すぐに不適切な状態を解消したいという場合は、新たに回復パーティションを作成して、「C:\Recovery\WindowsRE」のWinREを移動します。BIOSシステムでの手順については、本連載の第116回で説明しました。

 UEFIシステムも同じように行えばよいと思っていたのですが、少し注意が必要だったので、今回はUEFIシステムの場合で説明します。以下の例では、Cドライブのパーティションを縮小して、OEM向けの推奨サイズである990MBの回復パーティション(ラベル名は「WINRE」)を作成します。

 コマンドプロンプト(またはWindows PowerShell)を管理者として開き、次のように実行します。

diskpartDISKPART> list diskDISKPART> select disk OSディスクのディスク番号DISKPART> list partitionDISKPART> select partition Cドライブのパーティション番号DISKPART> shrink minimum=990DISKPART> create partition primaryDISKPART> format quick fs=ntfs label="WINRE"DISKPART> assign letter=RDISKPART>

 「DISKPART」コマンドのプロンプトをこの状態で維持したまま、新たにコマンドプロンプトを管理者として開き、以下のコマンドを実行します。この例では「C:\Recovery\WindowsRE」にWinREがセットアップされていることを前提にします。別の場所にセットアップされている場合は、そのパーティションにドライブ文字を割り当てて、コピー元として使用してください。

reagentc /info(現在、WinREが有効なことと、配置先のパーティションを確認)mkdir R:\Recovery\WinREcopy /h C:\Recovery\WindowsRE\winre.wim R:\Recover\WindowsREreagentc /disablereagentc /setreimage /path R:\Recovery\WindowsRE

 ここまで来たらDISKPARTコマンドのプロンプトに戻り、以下のように実行してドライブ文字の割り当てを解除し、その後、回復パーティションのための属性を設定します。また、未使用の回復パーティション(第1パーティション)を削除します。最後に、「reagentc /enable」コマンドを実行して、新しい回復パーティションのWinREを有効化します(画面3、画面4)。

DISKPART> removeDISKPART> set id="de94bba4-06d1-4d40-a16a-bfd50179d6ac"DISKPART> gpt attributes=0x8000000000000001DISKPART> select partition 1DISKPART> delete partition overrideDISKPART> exitreagentc /enable画面3画面3 新しいパーティションを作成し、ドライブ文字(「R」など)を割り当て、「C:\Recovery\WindowsRE\winre.wim」を「R:\Recovery\WindowsRE」にコピーし、WinREの場所を登録する画面4画面4 ドライブ文字を削除して、回復パーティションの属性を設定してから、新しい回復パーティションのWinREを有効化する

 「reagentc /disable」コマンドでWinREを無効化すると「C:\Recovery\WindowsRE\winre.wim」にアクセスできなくなってしまうので、コピー後にWinREを無効化してください。また、ドライブ文字の割り当て解除と回復パーティションの属性設定の順番を間違えると、ドライブ文字を削除した状態でWinREが有効化できなかったり(Disabledのまま)、削除したはずのドライブ文字が再起動後に再割り当てされたりするので注意してください。

WinRE問題発生中を知らずにOSドライブでBitLockerを有効化すると……#CmsMembersControl .CmsMembersControlIn {width:100%;background:url(https://image.itmedia.co.jp/images/spacer.gif) #DDD;opacity:0.05;filter:progid:DXImageTransform.Microsoft.Alpha(Enabled=1,Style=0,Opacity=5);z-index:1;}続きを閲覧するには、ブラウザの JavaScript の設定を有効にする必要があります。仮想通貨カジノパチンコ今日 の トップ リーグ の 結果

地獄 少女 宵 伽 スロットk8 カジノベネッセはDXを「丁寧に」推進する仮想通貨カジノパチンコカジノ ルーレット イカサマ

地獄 少女 宵 伽 スロットk8 カジノベネッセはDXを「丁寧に」推進する仮想通貨カジノパチンコカジノ ルーレット イカサマ

地獄 少女 宵 伽 スロットk8 カジノベネッセはDXを「丁寧に」推進する仮想通貨カジノパチンコカジノ ルーレット イカサマ

近く の 優良 パチンコ 店k8 カジノ

八戸 スロット 優良 店 今、あらゆる業種で「デジタルトランスフォーメーション」(DX)という言葉が注目を集めている。これまで紙ベースで進めていた業務をデジタル化して効率化したり、あちこちに分散していたデータを一元化して活用し、より付加価値の高いサービスにつなげたりするなど、さまざまな理想を描く企業は多い。だが、実行が伴わず、絵に描いた餅(もち)に終わってはいないだろうか。

 主に教育事業で知られる「ベネッセグループ」(以降、ベネッセ)も、DX推進を掲げてはみたもののなかなか実行が伴わないという課題に直面した経験を持つ企業の一つだった。だが同社は、地に足を着けた取り組みを通して、現場と共にDXに取り組んでいる。ベネッセホールディングスのグループDX戦略本部 DXコンサルティング室 室長を務める水上宙士氏と課長の田中達也氏が、「ベネッセのDX推進を加速させる組織作り」と題する講演で、そのいきさつと取り組みのポイントを紹介した。

ベネッセホールディングス グループDX戦略本部 DXコンサルティング室 室長 水上宙士氏(左)、同 課長 田中達也氏(右)一律のやり方を押し付けるのではなく、現場と共に現実的なDXを

 ベネッセが中期経営計画を支える戦略としてDXを位置付け、DX推進組織を立ち上げたのは2018年のことだった。だが、「多くの会社でもある状況だと思いますが、かなり広い領域で一気にDXを進めようと立ち上げて大風呂敷を広げたものの、なかなか実行が伴いませんでした」と水上氏は振り返った。

 というのも、ベネッセには特有の課題があった。1つは、教育サービスの他、介護、生活事業、ヘルスケアなど幅広い領域にまたがって事業を展開しており、ビジネスモデルもそれぞれ異なるため、全社共通のやり方でDXを推進するのが難しかったことだ。もう1つは、それだけ幅広い領域にまたがることから、各事業に大小含めてさまざまな新規参入があり、ディスラプション(創造的破壊)が進行しやすいことだった。

 さらに、DXの第一歩はデジタルシフト、デジタル化だが、部門によってデジタル技術の活用度合いにかなりの幅があったという。

 例えば教育事業の進研ゼミは、2014年から小学講座、中学講座でタブレット端末を用いた学習を導入してきた。さらにAIを組み合わせて生徒一人一人に合わせた学習プランを提供する仕組みまで構築するなど、デジタルを活用する文化が進んでいた。一方、デジタル技術を使った効率化や顧客価値の向上があまり進んでいない事業部門もあり、「事業部やカンパニーによってデジタルの進度、DXの進度が異なることが課題でした」と、水上氏は振り返る。

 こうした事情を踏まえて水上氏は、ビジネスの変革というDXの本質を踏まえながら、ベネッセグループ全体に対して一律のやり方を押し付けるのではなく、事業部それぞれの状況や課題に合わせたデジタルシフトのコンサルティングから活動をスタートさせることにした。外部のコンサルタントが企業それぞれの事情に合わせてアドバイスするのと同じように、事業それぞれの課題や目的に合わせた支援を行っていくイメージだ。

 「全社からデータサイエンティストやデジタルマーケティングのスペシャリスト、RPA(Robotic Process Automation)のスペシャリスト、あるいは開発プロジェクトのマネジャーとして実績ある人など、DXに関わる人材を、兼務も含めてDXコンサルティング室に集約しました。そこから各カンパニーに行って、現場だけでは推進が難しいデータ利活用などの課題を、社内コンサルのような形で一緒に解決する活動をしています」(水上氏)

 こうした仕組みを整えることで、事業ごとに課題も、ディスラプションの状況も、またデジタルシフトの段階も異なるというベネッセ特有の課題を踏まえた形で、少しずつDXを推進することにした。

 「現場に入り込んで活動に取り組むことで、例えば『この事業部門にはこういうスキルを持った人が必要だから、こんな研修が必要だ』といった具合に、どのような人材が不足しているかといったリアルなところが見えてきます」(水上氏)。

 その現実を踏まえて、ベネッセにおけるデジタル人材スキルマップの開発や研修を実施したり、ときには一緒に採用活動を進めたりすることでDX人材を増やし、現実的なやり方でDX推進を始めたベネッセ。2020年当初は6プロジェクトだったコンサルティング案件は、実績を重ねていくことで、たった1年で22プロジェクトまで数を伸ばし、今では各事業にとってなくてはならない存在になっている。

営業担当の負担を軽減し、成長につなげるために行ったこと仮想通貨カジノパチンコロナウド ジダン

パチスロ ベルセルクk8 カジノ[解決!Python]CSVファイルに書き込みを行うには(NumPy編)仮想通貨カジノパチンコnikon おすすめ カメラ

パチスロ ベルセルクk8 カジノ[解決!Python]CSVファイルに書き込みを行うには(NumPy編)仮想通貨カジノパチンコnikon おすすめ カメラ

パチスロ ベルセルクk8 カジノ[解決!Python]CSVファイルに書き込みを行うには(NumPy編)仮想通貨カジノパチンコnikon おすすめ カメラ

仮想 通貨 知識k8 カジノ 「解決!Python」のインデックス

おすすめ パチスロ 動画連載目次

import numpy as npfrom pathlib import Pathx = np.random.randn(2, 3) # 以下の値は一例print(x)#[[-2.45567984 1.33310634 0.59013369]# [ 0.25731195 0.78458477 -0.64572527]]# 基本的な使い方np.savetxt('test.csv', x)print(Path('test.csv').read_text())#-2.455679835942072398e+00 1.333106339746787494e+00 5.901336922847821853e-01#2.573119457585911207e-01 7.845847696453233100e-01 -6.457252711716952032e-01# 区切り文字を変更するnp.savetxt('test.csv', x, delimiter=',') # 区切り文字をカンマ「,」にprint(Path('test.csv').read_text())#-2.455679835942072398e+00,1.333106339746787494e+00,5.901336922847821853e-01#2.573119457585911207e-01,7.845847696453233100e-01,-6.457252711716952032e-01# 書き出すフォーマットの指定# 指数表記np.savetxt('test.csv', x, fmt='%.8e') # 小数点以下の精度を8桁にprint(Path('test.csv').read_text())#-2.45567984e+00 1.33310634e+00 5.90133692e-01#2.57311946e-01 7.84584770e-01 -6.45725271e-01np.savetxt('test.csv', x, fmt='%18.8e') # 最小の出力幅を指定print(Path('test.csv').read_text())# -2.45567984e+00 1.33310634e+00 5.90133692e-01# 2.57311946e-01 7.84584770e-01 -6.45725271e-01# 浮動小数点数値(指数表記をしない)np.savetxt('test.csv', x, fmt='%12.8f') # 精度の後に「f」を指定print(Path('test.csv').read_text())# -2.45567984 1.33310634 0.59013369# 0.25731195 0.78458477 -0.64572527# 左寄せnp.savetxt('test.csv', x, fmt='%-18.8e') # 「-」で左寄せを指定print(Path('test.csv').read_text())#-2.45567984e+00 1.33310634e+00 5.90133692e-01 #2.57311946e-01 7.84584770e-01 -6.45725271e-01 # 符号を常に付加np.savetxt('test.csv', x, fmt='%+18.8e') # 「+」で符号を常に付加print(Path('test.csv').read_text())# -2.45567984e+00 +1.33310634e+00 +5.90133692e-01# +2.57311946e-01 +7.84584770e-01 -6.45725271e-01# 0埋めnp.savetxt('test.csv', x, fmt='%018.8e') # 「0」で0埋めを指定print(Path('test.csv').read_text())#-0002.45567984e+00 00001.33310634e+00 00005.90133692e-01#00002.57311946e-01 00007.84584770e-01 -0006.45725271e-01# 整数値nums = np.array([[111, 222, 333], [444, 555, 666]])np.savetxt('test.csv', nums, fmt='%d')print(Path('test.csv').read_text())#111 222 333#444 555 666np.savetxt('test.csv', nums, fmt='%.5d') # 0埋めprint(Path('test.csv').read_text())#00111 00222 00333#00444 00555 00666np.savetxt('test.csv', nums, fmt='%6d') # 出力される最小の文字数を指定print(Path('test.csv').read_text())# 111 222 333# 444 555 666np.savetxt('test.csv', nums, fmt='%6.4d') # 数字の最小文字数を指定print(Path('test.csv').read_text())# 0111 0222 0333# 0444 0555 0666# 改行文字を変更するnp.savetxt('test.csv', x, newline='\n\n')print(Path('test.csv').read_text())#-2.455679835942072398e+00 1.333106339746787494e+00 5.901336922847821853e-01##2.573119457585911207e-01 7.845847696453233100e-01 -6.457252711716952032e-01## ヘッダーを付加するnp.savetxt('test.csv', x, header='col1 col2 col3')print(Path('test.csv').read_text())## col1 col2 col3#-2.455679835942072398e+00 1.333106339746787494e+00 5.901336922847821853e-01#2.573119457585911207e-01 7.845847696453233100e-01 -6.457252711716952032e-01# フッターを付加するnp.savetxt('test.csv', x, footer='generated: 2021/08/27')print(Path('test.csv').read_text())#-2.455679835942072398e+00 1.333106339746787494e+00 5.901336922847821853e-01#2.573119457585911207e-01 7.845847696453233100e-01 -6.457252711716952032e-01## generated: 2021/08/27

基本的な使い方

 NumPyが提供するnumpy.savetxt関数(以下、savetxt関数)を使うと、NumPyの配列、リストなどの値を、特定の文字で区切って、CSVファイルなどに出力できる。ただし、出力可能なのは1次元または2次元の配列やリスト(array_likeオブジェクト)に限る。

 savetxt関数の構文を以下に示す。

numpy.savetxt(fname, x, fmt='%.18e', delimiter=' ', newline='\n', header='', footer='', comments='# ', encoding=None)

 指定可能なパラメーターは次の通り。

fname:書き込みを行うファイルの名前。必須x:書き込むデータ。必須fmt:xに格納されているデータを出力する際に使われる書式指定。省略可能。省略時は「%.18e」が指定されたものと見なされる(精度が18桁の指数表記)delimiter:区切り文字。省略可。省略時の区切り文字は空白文字となるnewline:行末文字の指定。省略可。省略時は改行文字「’n’」が指定されたものと見なされるheader:ファイルの先頭に付加されるヘッダー行の指定。省略可。省略時にはヘッダーは付加されないfooter:ファイルの末尾に付加されるフッター行の指定。省略可。省略時にはフッターは付加されないcomments:コメント行であることを示す文字列。この文字列に続けて、headerパラメーターとfooterパラメーターで指定された文字列が書き込まれる。省略可。省略時には「# 」が指定されたものとして見なされるencoding:ファイルのエンコーディング指定

 最も基本的な使い方を以下に示す。

import numpy as npfrom pathlib import Pathx = np.random.randn(2, 3)print(x)#[[-2.45567984 1.33310634 0.59013369]# [ 0.25731195 0.78458477 -0.64572527]]# 基本的な使い方 np.savetxt('test.csv', x)print(Path('test.csv').read_text())#-2.455679835942072398e+00 1.333106339746787494e+00 5.901336922847821853e-01#2.573119457585911207e-01 7.845847696453233100e-01 -6.457252711716952032e-01

 この例では、2行3列のNumPy配列(numpy.ndarray)を作成して(その値はランダムであるため、読者が本稿のコードを実行したときには、違う値の配列が得られる点には注意されたい)、それをsavetxt関数に渡しているだけだ。出力されたファイルの内容を見ると、小数点以下の精度が18桁の指数表記の値が空白文字で区切られて出力されていることが分かる。これはfmtパラメーターのデフォルト値が「#.18e」(小数点以下の精度が18桁の指数表記)に、delimiterのデフォルト値が「’ ‘」(空白文字)となっているからだ。

 なお、上記ではNumPy配列を扱っているが、例えばPythonのリストもこの関数を使って書き出せる。

mylist = x.tolist()np.savetxt('test.csv', mylist)print(Path('test.csv').read_text())#7.731030073194588015e-01 -1.741182180141600311e+00 9.348418996663322711e-02#4.149555709304568740e-01 -1.150815368506415970e+00 -7.909651117231002171e-02

区切り文字を変更する

 区切り文字を変更するには、delimiterパラメーターに区切り文字を指定する。以下に例を示す。

np.savetxt('test.csv', x, delimiter=',') # 区切り文字をカンマ「,」にprint(Path('test.csv').read_text())#-2.455679835942072398e+00,1.333106339746787494e+00,5.901336922847821853e-01#2.573119457585911207e-01,7.845847696453233100e-01,-6.457252711716952032e-01

 ここでは、「delimiter=’,’」としているので、出力ファイルの内容を見ると、各値がカンマで区切られている。

書き出すフォーマットの指定

 fmtパラメーターには、各要素を出力時にどのように書式化するかを指定できる。その値は「%[flag][width][.precision]specifier」という形式で指定する。先頭の「%」とspecifierに指定する値以外は省略可能だ。

flag:書式化された値を左寄せにするか、符号を常に付加するか、0埋めするかを指定width:各値が最小で何文字を使って書式化されるかを指定.precision:specifierに「d」または「i」を指定したときには(整数)数字を使って出力される最小の文字数を指定。specifierに「e」、「E」、「f」を指定したときには(実数)小数点以下の精度を指定、specifierに「s」を指定したときには(文字列)文字列の最大文字数を指定specifier:各値を整数として書式化するときには「d」または「i」を指定する。実数として書式化するときには「e」「E」(指数表記)、または「f」(小数表記)を指定する。文字列として書式化するときには「s」を指定する。specifierには他にも「g」「G」「o」「u」「x」「X」を指定できるが、本稿では取り上げない。詳細についてはNumPyのドキュメント「numpy.savetxt」を参照のこと

 例えば、配列の要素を指数表記でCSVファイルに書き込むには次のようにする。

np.savetxt('test.csv', x, fmt='%.8e') # 小数点以下の精度を8桁にprint(Path('test.csv').read_text())#-2.45567984e+00 1.33310634e+00 5.90133692e-01#2.57311946e-01 7.84584770e-01 -6.45725271e-01

 上の例では「%」の後には.precisionとして「.8」が、specifierとして「e」が記述されている(flagとwidthは省略)。このため、小数点以下8桁の指数表記の数値としてCSVファイルに書き込みが行われている。

#CmsMembersControl .CmsMembersControlIn {width:100%;background:url(https://image.itmedia.co.jp/images/spacer.gif) #DDD;opacity:0.05;filter:progid:DXImageTransform.Microsoft.Alpha(Enabled=1,Style=0,Opacity=5);z-index:1;}続きを閲覧するには、ブラウザの JavaScript の設定を有効にする必要があります。仮想通貨カジノパチンコau かんたん チャージ

ナンバーズ 4 絶対 当たるk8 カジノ「ドコモのSIMカード×SIMフリー端末」の出会いが織りなす“一度きり”のメッセージ仮想通貨カジノパチンコスロット 新台 3 月

ナンバーズ 4 絶対 当たるk8 カジノ「ドコモのSIMカード×SIMフリー端末」の出会いが織りなす“一度きり”のメッセージ仮想通貨カジノパチンコスロット 新台 3 月

ナンバーズ 4 絶対 当たるk8 カジノ「ドコモのSIMカード×SIMフリー端末」の出会いが織りなす“一度きり”のメッセージ仮想通貨カジノパチンコスロット 新台 3 月

johnnie kash kings vipk8 カジノ

スロット ラック 仕事柄、いろいろなSIMカードをさまざまなSIMロックフリー端末で試しています。

 SIMロックフリー端末で使うSIMカードといえば、いわゆる「格安SIM」を想起する人が多いと思いますが、大手キャリアのSIMカードを使うこともできます。「SIMロックフリー」なので、ある意味で当然ですが。

SIM入れ替えSIM入れ替え職人の朝は早い(写真はイメージです)

 最近、NTTドコモの純正のSIMカード(厳密には「ドコモUIMカード」)をSIMロックフリー端末に入れると、「初顔合わせ」の1回に限ってこのようなSMS(ショートメッセージ)が届くようになりました。

【ドコモからのお知らせ】

本メールは株式会社NTTドコモから通信料無料で配信しています。

お客様の端末がドコモのネットワークに正しくつながったことをお知らせいたします。

spモードをご利用の際は、アクセスポイントを「spmode.ne.jp」に設定してください。

より快適にご利用いただくための設定方法、注意事項、問合せ先等については、下記URLよりご確認ください。(通信料有料)

http://service.smt.docomo.ne.jp/site/mail/src/ccn.html

 また、同じくドコモ純正のSIMカードをiPhoneに入れると、「初顔合わせ」の1回に限って似たようなSMSが届きます。

【ドコモからのお知らせ】

本メールは株式会社NTTドコモから通信料無料で配信しています。

※なお、本メールはiPhoneをご利用のお客様全てに配信しております。

お客様の端末がドコモのネットワークに正しくつながったことをお知らせいたします。

■他社のiPhoneをご利用のお客様へ

より快適にご利用いただくための設定方法、注意事項、問合せ先等については、下記URLよりご確認ください。(通信料有料)

https://www.nttdocomo.co.jp/support/procedure/for_simfree/index.html?icid=CRP_SUP_procedure_for_simfree_iphone_mail#p03

 iPhoneとそれ以外で一部文章は異なりますが、「ようこそドコモのネットワークへ!」的なメッセージが届くようになったのです。

iPhone宛てのSMSAndroidスマホ宛てのSMSiPhone(写真=左)やその他のスマホ(写真=右)に届くようになったSMS

 これらのSMSは、SIMカード(電話番号)と携帯電話機が「初顔合わせ」する時のみ送信される“一度きり”のもので、リンク先のURLに行くとこんな情報が書かれています。

spモードのアクセスポイントの情報(mopera Uの設定方法へのリンクもあり)dアカウントの発行・設定について各種ドコモサービスの紹介リンク先iPhoneとそれ以外の端末でURLは異なるが、どちらもジャンプ先は「他社製品のケータイなどをご利用されるお客様へ」というページ

 キャリアを介さずに手に入れたスマホを、大手キャリアの純正SIMカードと組み合わせて使う――ドコモが送信する“一度きり”のSMSは、そんな時代の変化を反映したものなのかもしれません。

関連キーワードNTTドコモ | SIMカード | iPhone | SIMロックフリー | spモード | Android | mopera U | ふぉーんなハナシ仮想通貨カジノパチンコリヴァ プール サイト

業界連盟:k8 カジノ k8 カジノ パチンコ 大工 の 源 さん k8 カジノ k8カジノ k8 カジノ k8 カジノ k8 ログイン | Feed | RSS | sitemap.html | Sitemap