カジノ おすすめ アプリk8 カジノServer Coreベースの仮想マシンを日本語化する方法[バージョン1809以降編]仮想通貨カジノパチンコビット コイン 人

カジノ おすすめ アプリk8 カジノServer Coreベースの仮想マシンを日本語化する方法[バージョン1809以降編]仮想通貨カジノパチンコビット コイン 人

カジノ おすすめ アプリk8 カジノServer Coreベースの仮想マシンを日本語化する方法[バージョン1809以降編]仮想通貨カジノパチンコビット コイン 人

東洋 経済 新聞k8 カジノ 「Microsoft Azure最新機能フォローアップ」のインデックス

cf t7 メモリ 増設 空きスロットMicrosoft Azure最新機能フォローアップ

英語版Server Coreも日本語化できる!

 「Microsoft Azure」のパブリックイメージは、英語版(en-us)であり、既定の表示/入力言語とシステムロケールが英語(米国)です。また、仮想マシンのデプロイ先のリージョンに関係なく、国と地域は「米国」、タイムゾーン「UTC(協定世界時)」でセットアップされています。

 長期サービスチャネル(LTSC)バージョンのWindows Serverのデスクトップエクスペリエンス環境は、オンラインで日本語サポートを追加することで、表示言語、入力言語、システムロケールを変更して日本語化できます。「Windows Server 2019」の場合の手順については、本連載第67回で説明しました。

Azure MarketplaceにWindows Server 2019がようやく登場(本連載 第67回)

 LTSCバージョンのWindows Serverのパブリックイメージとしては、デスクトップエクスペリエンス環境とServer Coreインストール環境が用意されています。また、Windows Server 半期チャネル(SAC)のインストールオプションはServer Coreインストールのみです。

 今回は、前回「Windows Server, version 1909 with ContainersをJSONテンプレートからデプロイする方法」で、カスタムテンプレートからデプロイした「[smalldisk]Windows Server, version 1909 with Containers」相当のServer Coreインストール環境を日本語化してみます(画面1)。

画面1画面1 前回作成した「[smalldisk]Windows Server, version 1909 with Containers」相当のAzure仮想マシン。既定の表示/入力言語とシステムロケールは「英語(米国)」

 同じ手順で、バージョン1809以降のLTSCのServer CoreイメージおよびSACイメージを日本語化できます。具体的にはAzure Marketplaceで利用可能な以下のイメージです。それ以前のバージョンについては確認していません。

Windows Server 2019 Datacenter Server Core with ContainersWindows Server 2019 Datacenter Server Core[smalldisk]Windows Server, version 1809 with Containers[smalldisk]Windows Server, version 1903 with Containers[smalldisk]Windows Server, version 1909 with Containers(2019年12月末時点未提供)

 本稿で紹介する手順は、日本語版Windows ServerのServer Coreインストール環境をオンプレミスで新規インストールしたものと比較しながら、筆者が試行錯誤をして得た手順です。実際には必要のない設定が含まれる可能性がありますし、より簡単な方法があるかもしれません。

 この手順では、Windows Serverの各バージョンに対応した言語パックを必要とします。言語パックのISOイメージは一般公開されていません(Windows Server 2019/Windows Server, version 1809用の言語パックに限り、こちらのサポート情報ページから誰でも入手できます)。ボリュームライセンスサービスセンター(VLSC)、Visual Studioサブスクリプション、OEMシステムビルダーなどに対してダウンロード提供されています。

 Windows Server 2019およびWindows Server, version 1809には、「Windows Server 2019 Language Pack」のISOイメージに含まれるパッケージを使用します。Windows Server, version 1903と1909は共通で、「Windows Server, version 1903 Language Pack」のISOイメージに含まれるパッケージを使用します。日本語言語パックパッケージは、ISOイメージの「\x64\langpacks」ディレクトリにある「Microsoft-Windows-Server-Language-Pack_x64_ja-jp.cab」です。このパッケージが利用できることを前提に説明します。

Server Coreアプリ互換性オンデマンド機能を追加する(オプション)

 Server Coreインストール環境は、GUI(グラフィカルユーザーインタフェース)のデスクトップ環境を削除した環境であり、ローカル環境では、コマンドプロンプトやWindows PowerShellのコマンドラインから管理操作を行います(例外的に「メモ帳」や「レジストリエディター」など、幾つかのGUIツールを搭載しています)。

 しかし、Windows Server 2019およびWindows Server, version 1809からは、「Server Coreアプリ互換性オンデマンド機能(Server Core App Compatibility Features on Demand)」が利用可能になり、「エクスプローラー」や幾つかの「Microsoft管理コンソール(MMC)」「Internet Explorer 11」がServer Coreインストールでも利用可能になりました。

 Server Coreアプリ互換性オンデマンド機能を追加しておくと、ダウンロード操作やファイル操作、ISOイメージのマウント、ディスクの管理、その他の管理操作が楽になります。この機能は、Windows PowerShell(コマンドプロンプトから「start powershell」と入力して開始できます)で、以下のコマンドラインを実行してOSを再起動することで、オンラインで追加することができます(画面2)。

Add-WindowsCapability -Online -Name ServerCore.AppCompatibility~~~~0.0.1.0Add-WindowsCapability -Online -Name Browser.InternetExplorer~~~~0.0.11.0Restart-Computer画面2画面2 Server Coreインストール環境にServer Coreアプリ互換性オンデマンド機能を追加する日本語言語パックをインストールする

 Azure仮想マシンのWindows Serverを再起動したら、Server Coreインストール環境に日本語言語パックをインストールします。

 Azure仮想マシンに言語パックのISOイメージ(約2.5GB)をダウンロードして、Windows PowerShellの「Mount-DiskImage」コマンドやServer Coreアプリ互換性オンデマンド機能で追加されたエクスプローラー(Explorer.exe)を使用してISOイメージをローカルマウントしてもよいのですが、既に手元にISOイメージがある場合は「\x64\langpacks」ディレクトリにある「Microsoft-Windows-Server-Language-Pack_x64_ja-jp.cab」をリモートデスクトップ接続経由でコピーする方が早いです。このパッケージファイルだけなら60MB程度のサイズのコピーで済みます。

#CmsMembersControl .CmsMembersControlIn {width:100%;background:url(https://image.itmedia.co.jp/images/spacer.gif) #DDD;opacity:0.05;filter:progid:DXImageTransform.Microsoft.Alpha(Enabled=1,Style=0,Opacity=5);z-index:1;}続きを閲覧するには、ブラウザの JavaScript の設定を有効にする必要があります。仮想通貨カジノパチンコクラシコ 日程 2020

コメントを残す

業界連盟:k8 カジノ k8 カジノ パチンコ 大工 の 源 さん k8 カジノ k8カジノ k8 カジノ k8 カジノ k8 ログイン | Feed | RSS | sitemap.html | Sitemap